ウーマン

基礎知識と返還期間とは

電卓

専門家に依頼する場合

2006年で最高裁判所で利息制限法を越える金利は全て無効である、という判決が出されて以来、今まで違法な金利で利息を払い続けていた方々が、熊本で過払い金返還請求を行えるようになりました。ですが、過払い金返還請求を、素人の方が貸金会社に直接交渉しようとしても、裁判を起こさない限り1円も返還しないというところが多く、法律の専門家に依頼される方が増えています。熊本の専門家に依頼すれば、過払い金返還請求の手続きや交渉も行ってくれるので、依頼者は交渉や裁判の経過や結果を知るだけで済みます。熊本で過払い金の対象とされる方は、2006年前後で貸金会社と取引されていた方、20%前後の金利年で借金の支払いをしていた方、完済から10年が経過していない方などです。過払い金には消滅時効があり、最終取引日から10年経ってしまうと請求ができません。自分が対象者かも知れないと、過払い金返還請求を検討していたとしても、時効がきてしまったり、貸金会社が倒産したりすれば、払い過ぎたお金は戻ってこなくなるので、できるだけ早くに専門家に相談することが必要です。専門家に過払い返還請求をした場合のかかる平均期間は、和解交渉までで約1ヶ月から3ヶ月、裁判で訴訟になった場合で約6ヶ月から1年くらいです。早めの交渉でスムーズで短い期間で取り戻せます。和解交渉までで過払い金額の満額を取れることもありますが、裁判をしないと満額が望めない場合もでてきます。熊本で裁判をした場合は、過払い金額の満額と利息5%込みで請求できます。またセキュリティーがしっかりしているので、家庭や仕事場に知られることなく利用できます。