ウーマン

経営に欠かせない存在

スーツの男性

決算などで活躍する

企業は、役員や社員がいれば成り立つというものではありません。他にも士業に携わる人が欠かせない存在となっています。例えば、税理士もその一人です。税理士は経営に関わる立ち位置となるため、特に経営者と密にやりとりをすることがあります。決算時期などには、会社にやって来て経理担当者とともに経営に関する書類をチェックするなど、とても大変です。つまり、独立起業する場合にも、税理士とは密に関係を持っておいた方がいいかもしれません。というのも、素人は経理事情に詳しくないことがあります。しかも、節税ができなかったり、経営不振に陥ったりすることもあるため、それを防ぐためにも税理士への相談は必須です。信頼できて、これまで様々な実績を重ねている税理士を見つけましょう。大手企業ともなれば、専門的にその企業に就く税理士が居ます。一人に限らず、税理士事務所全体として関わることも少なくありません。それだけ経営内容も豊富となり、いろいろと管理する必要が出てくるものだからです。決算時期や確定申告の時期、年末調整といった時は、特に必要な存在となります。もちろん、これ以外の時期にも頻繁にやりとりをしましょう。特に景気の影響に左右されやすい企業は、定期的に税理士に節税対策などを相談し、経営状況を悪化させないようにする必要があります。また、会社の顧問税理士となっている人は、経営者個人の顧問税理士としての担当もすることがあります。