男性

円満調停という選択肢

割れたハート

夫婦関係の修復に向けて調停員と裁判官を交えて話し合っていく円満調停は、離婚調停とは違って弁護士に依頼することがあまりありません。また、離婚調停に移行したり取り下げたりもできるといった柔軟性があります。

もっと詳しく

基礎知識と返還期間とは

電卓

過払いを熊本でお考えなら、比較的早めに専門家に依頼すると、スムーズな流れと期間で、過払い金を回収してもらえます。ご家族や職場にバレることなく手続きができます。思っていた以上に払い過ぎた過払い金が返ってきたと、喜ばれる方は多くいらっしゃいます。

もっと詳しく

遺産の分割に不満がある

弁護士

1年以内に相談を

遺言書を書けば原則として遺産は自由に分割できますが、不当に少ししかもらえなかった親族は、当然ながら不満を持つことがあります。遺言書の内容にかかわりなく、法律で最低限保証されている遺産の分け前を遺留分と呼びます。遺産の分割に不満がある親族は、相続を知った日から1年以内に遺留分減殺請求を行えば、自分の分け前を取り戻すことができます。1年を越えると遺留分減殺請求ができなくなるので、問題が起きたら早めに弁護士に相談することが大切です。遺留分減殺請求ができるのは、兄弟姉妹以外の法定相続人(配偶者と直系尊属・卑属)に限られます。請求があれば通常は話し合いで解決しますが、こじれた場合は調停や提訴に発展することがあります。遺留分減殺請求が過大だったり、不動産の評価に食い違いがあったりして、円満に解決できないケースも少なくありません。裁判になれば弁護士はほぼ必須ですし、調停にしても専門的な知識があれば有利になることは間違いありません。弁護士にも借金問題に詳しい人や刑事事件の専門家など、さまざまなタイプがいます。遺留分減殺請求を依頼するなら、相続問題を取り扱った経験が豊富な弁護士を選ぶことが大切です。また相続財産に土地が含まれているなら不動産鑑定士、未公開株が含まれているなら税理士や公認会計士が必要になってきます。これらの資格を持っているか、連携体制のある弁護士なら、どんな案件にもスムーズに対応できるでしょう。

経営に欠かせない存在

スーツの男性

会社経営に欠かせない存在の一人として、税理士が挙げられます。決算時期や確定申告の時期など、多岐に渡って会社とやりとりをして、節税対策や経営状況の管理をすることになるからです。信頼できる税理士を顧問にしましょう。

もっと詳しく